お料理 素材 交通案内 フェイスブック
|  HOME  |  お店の歴史  |  お店の紹介  |  お店の取組  |  高浜歴史写真館  |  お問い合わせ |

お料理 素材 交通案内 交通案内


HOME > こだわり素材 > 三州豚

『三州豚』

愛知県トヨタファーム


● 安心して食べられる豚肉


美味しくて安全な豚肉をお客様に味わって頂きたい・・・。
とんかつを作るお店も、豚を育てる生産者も、気持は同じでした。当店のとんかつ(ロース・ヒレ)は鋤柄さんの営む地元の農場で育った美味しい豚を使用。作っている人の「顔」が見えるとんかつです。

__

● 抗生物質は不使用


豊田農場で育てられた子豚は田原農場へ移され、
麦中心(約70%)の飼料を食べて健康に育ちます。
子豚期から飼料には抗生物質を一切不使用。
育成スタッフには獣医師もいて、衛生管理が
行き届いています。

__

● 地元ならではの鮮度


毎週月曜日に解体された肉は翌日には当店へ。
地元だからこそできるこの鮮度が豚肉の美味しさを
より一層引き立てます。

__

畜産環境設備の充実

●コンポスト発酵装置によるたい肥化促進コンポスト発酵 した良質なたい肥を近隣農地に還元し、土壌を活性化しています。 (高温発酵し、悪玉菌を排除しています。) ●環境へ配慮した浄化処理施設 尿は浄化槽において、微生物による有機物の 分解を促進し、排水時の環境基準を満たして います。専属獣医師が農場の衛生管理を行い、安全な飼育環境で この豚肉が生まれます。
飼料の安全性の確保

●自給飼料型畜産への発展不安定な輸入配合飼料を見直し、 休耕地で飼料作物の生産を行い、安全な自給飼料を使用しています。 ●飼料に有用菌の利用促進乳酸菌などの有用菌を給与し、子豚 への抗生物質の使用を必要最小限にとどめ、健康な豚を育てています。 有用菌飼料を給与することで育成期からの飼料には抗生物質を 一切使用しておりません。
循環型畜産を目指す

●生産と消費の融合による地産地消畜産を身近に感じる食育教育を推進し、 地元で生産したものは地元で消費する原則を確立します。 ●リサイクル飼料の活用 食品廃棄物を特定飼料として再生利用することにより、ゴミを削減し、 更に肉豚を育てるという食の循環システムを完成させ、環境保全にも役立 っています。

トヨタファームホームページ 

http://toyotafarm.com/

|  HOME  |  交通案内・営業  |  高浜歴史写真館  |  お問い合わせ |

とんかつ懐石 こざくら TEL 0566-53-0257

〒444-1324 愛知県高浜市碧海町2丁目1-39


■ 定休日 ■ 毎週月曜日、毎月第三火曜日 URL:http://www.kozakura.com


高浜名物とりめし いいともあいち運動 食彩工房 小桜屋

Copyright(C) 2017 KOZAKURA Allrights reserved.